FXの税金の支払い方

FXは株のように源泉徴収が行われる口座が存在していないため、利益がある場合には確定申告が必要になっています。
税金は申告分離課税になっており一律20%なので、FXを始める場合には注意をしておくと良いでしょう。
必要経費も認められるので、勉強の為に買った書籍代や取引で使用するパソコンなどの領収証は残しておくことが大事です。
税金はサラリーマンなどで働いている場合には20万円以上、主婦や無職の場合には38万円以上の利益が発生した場合には、確定申告をしないといけません。
含み益には課税はされないので、ポジションを決済しない限りは税金は発生しないです。
商品先物取引などを行っている場合には、損益の通算が可能になっています。
最長で3年間繰越で損失の控除も行えるので、損失が出ている場合にも確定申告はしておくと良いといえます。
FXの業者では各種の報告書などのダウンロードも出来るので、申告の書類を用意する際にも安心です。

FXの税金はあらかじめチェックしておこう!!

消費税もあがり、普通預金に資金を預けておいても利息がほとんどつかない現代。
FXで利益を出している方も多いのではないでしょうか。
最近では、主婦やサラリーマンの方など幅広い年齢の方に利用されています。
気を付けたいのがFXで利益が出た場合、原則的に確定申告を行い税金を払う必要があります。
しかし、利益が出たら全員が確定申告をしなければならないということではなく、年収2000万円以下のサラリーマンで給与所得が20万円以下の人、専業主婦や無職の方で所得が38万円以下の人、パート収入が65万円以下でFXなどの所得が38万円以下の人は確定申告の必要はありません。
また、課税対象になる方は給与年収が2000万円を超えている方、自営業を営まれている方、給与所得が2000万円未満で、雑所得が年間20万円を超える方、給与所得がない方で雑所得が年間38万円を超える方です。
所得がどれだけ多くても利益に関しては一律20%となるくりっく365を利用すると税金が安くなります。

recommend

最終更新日:2016/7/4